平成13年度スターズの記録 写真提供 西村さんありがとう
選手名鑑2001年度版    ひなぶーのお部屋

3月23日 ラストラン
 スターズ始まって以来、学年で総在籍数22名の勇者を揃えた君達のラストランは終わった。
しかし、それはたくさんの絆をもって仲間からの新しい出発の日でもある。
光り輝く未来へ、君たちの健闘を祈る。

3月9,10日 秩父スプリングキャンプ
総勢41名の我が山王スターズは、雪解けの秩父合宿のため、常宿優月荘に向かいました。

荒川上流 長瀞堰付近で 川遊びとバーベキュー 燃えてます
食べてます 特大チキンカツ 完食は8/36 おいしいです
夜は延々と 朝は早々、散歩の後で 三沢小学校へ練習試合
島田君が投げる 加藤君が投げる 辛うじて(やっと)勝った、ホッ

2月23、4日 リーグ合同合宿
6年生をおくるリーグ合同合宿が2月23、4日平和島ユースセンターと平和島グランドで行われました。
6年男子によるマラソンソフトボール大会は大変盛り上がるいい試合となりました。
夜遅くまでのわいわい懇談がきっといい思い出になってくれると思います。

2月17日 いちごハイキング
 京浜急行にのって、京浜長沢に下りました。いやっ間違った。と大野コーチは次の駅に案内してくれました。そこから2時間30分、三浦富士から武山を巡ってきました。みんな頑張りましたl
 山から下りて、いちご狩りにいきました。練乳もついてたったの一人1400円でした。いっぱい食べました。記録は加藤君が160個!!たべたかな。すごいです。
 それから、チキンバーベキュー、えびやきりたんぽ、焼きそばでおなかいっぱいになりました。
雨が降ってきたので、野球の遊びは止めて再び京浜急行で帰ってきました。

三浦富士でおやつ A組 B組
C組 D組 コーチと添乗員
おいしかった、また行きたい うめぇ 大野団長大活躍

 1月 5日 もちつき大会

 正月恒例もちつき大会。今年はできたばかりの学校の玄関で。みぞれも降る寒い日だったのでなんとか暖かくできました。やはりつきたてのもちはおいしい。

もちつきといったら監督は吉田会長 シャープなスゥイング清水コーチ 肩の力をいれて江頭コーチ
初めてのもちつき 大塚君 私にもつけるかな 小野君 わたしだって つけるわよ 松田さん


12月22日
 忘年会

今日は楽しい忘年会、学校ももうすぐ休み。来年も頑張るぞ!!

12月5日 大田区選手権大会  よくやりました。優賞です。

 <<<今年もますます大活躍・頑張れスターズ・GO GO スターズと頑張ってきました。
 ここに公式戦全日程を終了します。ご声援ありがとうございました。スターズ一同>>>

第1回戦は梅田Z。この日は楽しくやろうと目標を持って試合に臨んだ。強敵梅田には敗れてしまったが,小学生最後の公式大会を悔い残すことなくできたことにナインの心は満足げだった。秋季大会を振り返って、可能性を最大限に活かして、山王スターズが全力で闘えたことは特筆すべきことでもある。ナイン全員にエールを送りたい。

この日は最高の日 選抜チーム開会式 さあ、いくぞ! 寝不足か〜はいらない
さあ、決まってきたぞ 強肩 大塚捕手 梅田 鈴木監督 この日唯一栄光のヒット
ソフトの仲間ありがとう 応援の皆さんありがとう ぶんちゃん応援ありがとう 選手の皆さんありがとう
指導者の皆さんありがとう チームのみんなありがとう この日で完全燃焼 選手たち よくやきあがり

     なおOBのつくる社会人大会も頑張ってます。
11月25日 大田区大会 3日目準決勝
 惜しかったというより、とても楽しくいいゲームができました。準決勝の対戦相手は優勝候補矢東イレブンズ

 対するスターズは10名の元気の少年少女チーム。進学校の悩みかちょっとメンバーも不足がち。でも今日のスターズは元気いっぱい。矢東小曽木君の球は打ち返せなかったけど、元気だけは負けなかった。


 また試合の内容は、失策や安打による点数は少なく締りの試合運びとなった。ただおなじ6年生とはいえ卓越した相手投手には完敗だったが、守備面ではいくつかのファインプレーも応援の人たちを満足させるほどだった。


 この秋の大会でのスターズの健闘は大いに評価され、次週の選手権大会出場の権利を手にすることができた。この6年生最後の秋を充分にソフトボールで楽しめることはおおきな想い出となることだろう。

出陣オーダー発表 上治投手健闘 すばやい守備 堅い守備
打ちまくる山本君 栗田君も打つ 大塚君も打つ 速球好投小曽木投手
応援も盛り上がり ちょっと疲れたけど 楽しかった 堂々3位入賞
この日、OBたちも逆転勝利 みんなでニコニコ 記念の賞状

11月18日 大田区大会 2日目

大田区大会2回戦は好敵手オール徳持。この日は学芸会のためぎりぎりでグランドになだれ込んだ。
相手を待たせながらも、試合は山王スターズが優位にゲームを進め勝利を勝ち取った。
ぎりぎりで守備についたセンター大川君をまってプレイボール。先発保原君のボールが勢い良く大塚君のミットに入った。ランナーはだしたもののショート山本君、セカンド小林君、サード飯野君がそれぞれワンナウトづつさばいて裏の攻撃へ。
3回まで走者は出すものの後続凡退で互いに0点。4回表には3ヶ月ぶりにグランドに戻った島田君が継投。勢いが出たのか、その裏の攻撃では山本君の内野安打で出塁、これも久しぶり指名打者伊沢君に代わって左打者萩原君が四死球を選んで無死2,1塁。
続く大塚君がバントエンドランでおくる。7番島田君の打球はサード線をついて先取点に、続く小林さんが2ストライクからこのところ好調のバスターを決めて追加点。
さらには大川君がスクイズを見事に決め貴重な1点を追加して合計3点を先取した。
チャンスの裏にはピンチあり。スターズの団結はどこまでふんばれるか。右翼の守備は栗田君から小野さんへそしてこの回は田中君が堅守。四死球の走者を1塁において後援上治君は不調、2球で再度保原君に交替。
投げ込み不足をカバーしながらも保原君は満塁のピンチをふんばる。相手3番打者の神君の打球は一塁西村君のグローブへ。続く4番須藤君の打球を飯野君が落ち着いて処理。1点差で逃げ切り見事勝利を手にした。
大谷球審の「整列」の声にナインは湧き上がった。やった!!やった!!
この試合は6年生チームの思い出に残るゲームのひとつになったことであろう。
練習不足にもめげず学芸会からの緊急移動にも耐えて、出場の機会を逃した森君の声援も含め仲間が力を合わせて、そしてじっと耐えながら結果を出した試合となった。
観客からの大声援にも感謝。
おめでとう山王スターズ。
合計
オール徳持
山王スターズ
なお4、3年生チームは惜しくも嶺小フェニックスに1回戦で敗れ去った

11月11日 大田区秋季大会 第一日目
 わがスターズ6年チームは、この秋の大会を卒業大会と位置付け、全力で闘っています。選手達は自分達で考えて、みんなで力を合わせてのびのびと大会に臨んでいます。

 第一日目は、本一ファイターズ
 スターズが先攻。初回は山本君のレフトを越えるおおきな三塁打と敵失で1点。2回は敵失で上治君、小林君が帰って2点。3回は打者一巡で飯野君、山本君、大塚君、上治君と揃ってホームイン、小林君のバスターも見事センター前に決まって4点。小野君は残念三振。

 4回はなんと12人の攻撃で大量8点。山本君の三塁打、上治君の本塁打も飛び出してまず5点。続く小林君の2打席連続バスター成功、森君は四死球、保原君のセンター返しクリーンヒット、西村君のやっと決まったバントで更に3点、合計8点をいれた。

 守っては初回、四死球で出た走者を本塁で大塚君がブロックしてから調子が上がり、2回までは上治君の剛速球で相手打線をきりきり舞いにして1、2回をそれぞれ8人で終了。リリーフの保原君も同じく8人の打者を相手に、連続3三振を含む5三振と全く寄せつけずの投手戦だった。そしてふたりでノーヒットノーランゲームでもあった。

 また途中からセンターを守った田中君のフライキャッチや三塁ゴロを軽快にさばいた飯野君のプレーが光った。加えて当日観戦していた連盟の坂本理事長から栗田君のカバーワークに対して特別のお褒めの言葉をいただいたことはチーム全体の喜びでもあった。

開会式ではちょっと緊張 ミーティング のびのびね さぁ いくぞ〜 先発好投 上治君
投げて、打って本塁打 継投 保原君 きまったバント なんと15対0と大差勝ち
応援もまた楽し 監督も選手も楽し 来週も行くぞ どこにいくんですか? ガクッ

10月21日 三校大会
  山王スターズからは、6年生、4,3年生、2、1年生の3チームが出場。それぞれのチームが奮闘した。
結果は6年生チームが、1勝1敗で準優勝に輝いた。

スターズは3チーム出場 なかよしコーチ軍 奮闘4、3年生チーム この日の涙はいつか
第2試合 6年生いくぞ 応援団も盛大に「こら!亮太」 やっぱり 保原だ 1試合で2得点
俊足 左打者の西村君 準優勝の表彰 4、3年生がんばる 2、1年生かわいいね

 6年生チームは、初戦中央コンドルズ。先攻で1点先取。もつかのま逆転されたあとに大量の追加点を許して8対1で大敗。!!くしゅん。初回の西村君の四死球から盗塁でえた1点のみが寂しく光る試合だった。
 しかし、第2試合は試験が終わり、空からヘリコプターでまいおりた保原投手が健闘。
初回、保原君の四死球から山本君のセンター前2塁打で先取点。2回は小林、小野、栗田、保原、西村君が出塁帰還、最後はやはり山本君のセンター前2塁打で合計5点を追加。6回も同じ西村君を3塁においてアタリの山本君が返して貴重な追加点。
しかし粘りの入四ランナーズ。最終回を追い上げ、大量6点を返したが、保原君が最終高橋君をピッチャーフライに討ち取って試合終了。今年度、公式戦初勝利となった。

10月14日 北糀谷フェニックス練習試合 北糀谷小学校
練習試合として久しぶりに遠征。
第1試合は飯野君が投手。先取点をとってすすめたが、2回に四死球と連打で逆転されてまけ。
第2試合は、西村君、大塚君のバッテリー。サードの栗田君のファインプレーもでた。
いずれも守備は、頑張ってきているが、打線がいまいち。でもでもがんばるぞ〜

なお4年生チームも、吉田主将を中心に大声を出して大奮戦した。

第1試合     第2試合
山王スターズ 山王スターズ
北糀谷フェニックス 10         北糀谷フェニックス

10月13日 大森リーグ招待試合

葛飾区から春に続いて、亀有ドラゴンズを招待してのエキビジョンマッチ
山王スターズからは山本、西村が参加して活躍した。

夜はOBも入って さんまパーティ

10月8日 大田スポーツまつり
大田区全体で開催されるスポーツまつり、ソフトボール連盟主催で大田スタジアムで、的あてやベースランニング、ホームラン競争が行われた。

夜はコーチ会
  来る21日の三校大会、11月からの大田区大会に向けてコーチ陣の体制を確認した。
  新コーチに、大田さん、岩山さん、橋本さんが加わった。期待してます。(写真は省略)

9月23日 大森少年少女ソフトボールリーグ秋季大会
 さわやかな秋晴れのなか6年生チーム、4、3年生チーム、そして初参加2,1年生チームが出場した。今大会はそれぞれのチームも徐々に仕上がりつつも結果はいま一歩(というより大敗だった)だったが、楽しく参加することができた。なお、当日は3チームで6戦を戦い、合計3点?を取ったことは特筆すべき記念となった。最後の反省会では「まだまだがんばるぞ」と今後の練習に励むことを誓った。頑張れスターズ!!

開会式 がんばるぞ〜 打ちます がんばれ 飯野君 打つ
山本君 打つ 西村君 好投 でも負けちゃった この次にゃ がんばろう

9月8日 軟式野球大会
  9月8日の土、日曜日のこの青少年大森地区軟式野球大会に出場したわがチームは、第1回戦本宿ファイターズと決戦。前半は緊張した中に試合がすすんだが、やはり不慣れな野球と練習不足から惜敗を喫してしまった。
 しかし山本主将が選手宣誓をしたことや昔の仲間が徐々に戻ってきたことなど嬉しいニュースもたくさんだった。この調子でスターズの復活と栄光を期待したい。

総勢16チームが集合 山本幾巳「首相」の選手宣誓 さあ やるぞ
センター前の見事なヒット 応援盛り上がる なぜか結果はがっかり反省会

8月25日 キャンプ合宿 この日 6年生は野球の練習

呑むことすなわち喜びよ、台信コーチ、大野コーチ、萩原コーチ  鈴木コーチ、飯村君と西谷君

8月5日 平和島合宿

6月3日大田区春季大会 スターズ1回戦で散る!!

 ここまで、なんとか走ってきたスターズ電車。2軍敗戦という信じられない結果に全員が沈み込んだ。
「明日があるさ」「なんとかなるさ」・・・・・再起を願う。

開会式 さあ いくぞ!対嶺小フェニックス 健闘4年3年チーム
打ちます ウヌ ボール 四球 ああぁ 負けちゃった さあ いくぞ 6年チーム対オール徳持
奮闘 島田投手と守備陣 急に走りだした
大田区春季大会 黒獅子クラス 1回戦  対 オール徳持
 この試合は初回の7点がチームに暗雲を乗せたまま試合は展開していった。
初回とる筈の先取点は1安打のみ、あとは失策と四球で相手にとられてしまった。
しかし相手の攻撃はここで封じ込め、3回には仲野君の見事な中前打と盗塁などで1点、5回には大川君の中前打、萩原君の内野安打から、島田君、山本君の左翼打で3点を入れたが走攻うまくかみあわず、無念の涙をのんだ。
オール徳持
山王スターズ

なんとしても再起をはかる・・・決意をむねに、頑張れスターズ

6月2日
 驚いた。先日のリーグ大会の3位の賞状が、なんと車の中に1ヶ月以上も放置されていた。キャッチャー道具も紛失、ボールもどんどん紛失。部員も紛失。びっくりスターズのびっくり事件でした。

5月26日
 大田区大会も近づいてきた。今日はなんの拍子か、あの全日本大会出場予定の矢西ビクトリーと練習試合をすることになった。これも経験、頑張るぞ〜
 で、初回3本の外野への安打で2点を失ったが、2回は3者を0点に抑えた。その後3回は打者一巡、4回も強打と失策で点を取られて大敗となった。一方、スターズの攻撃は3回西村君の足を活かした攻撃と島田君の内野安打で1点、4回相手投手の不調から1点の計2点を返した。
 特記すべきは、この全国大会出場チームを相手に、3年生の鈴木健太郎君は四球により2回とも出塁、2盗をしたことである。(親ばか記者)

矢西ビクトリー
山王スターズ


5月12日          
大森リーグ選抜チームに山王スターズから西村、山本、島田選手がエントリーして、葛飾区の亀有ドラゴンズと対戦、それぞれの選手が大活躍しました。結果は2戦2勝でした。
また若草杯争奪戦に小林、小野選手が参加して嶺小フェニックスと戦いましたが,力及ばず負けてしまいました。

4月29日(日) 大森少年少女ソフトボール春季大会
翌日から変更になってこの日リーグ春季大会が開かれました。スターズ6年生チームは3位と健闘しました。また初めてのデビュー戦の4年生チームは緊張しながらも初めての大会出場に(実際はいろいろあったようですがいろいろとありましたが)ご満悦でした。

6年生チームは堂々の3位入賞 4年生チームは楽しそうでした。
3位決定戦 入四ランナーズに負けて 島田、山本、西村君が選抜チームに

試合結果
大会の結果は3位に終わったが、大田区大会のプレ大会として課題を整理する機会となれた。また大会を通して、ケガのためベンチで忍んだ大川君を除いて先発全員が本塁を踏んだことも貴重な記録となった。
第1試合
初戦は嶺小フェニックス。初回は両者無得点。2回表先攻の嶺小はクリーンアップから、四球と2安打で2点を先取した。しかしその裏の山王スターズは止むことのない攻撃を開始した。
好投の島田投手は左翼本塁打から始まり、この回で3回も打席にたった。12者連続得点などで13点大逆転勝利となった。
第2試合
続く2戦目は好敵、入四ランナーズ。
先攻1番打者の西村君は四球から2盗塁、次打者飯野君の右前適時打でセオリー通りの先取点をあげた。2回にも安打で出塁した中野君を3塁において飯野君は投手前の失策を誘い、2打点となった。しかしその裏、ランナーズ8番打者は安打と死球の走者を置いて左翼を抜く強打、同点となった。3回4番金井君は死球から盗塁と失投から1点を加えて再度先行。その裏、粘った入四の9番打者は四球から適時打で再度同点となった。4回ラッキーボーイ2番飯野君からも3者凡退で無得点。その裏、失策と盗塁、失投で逆転サヨナラ負けとなった。緊張した流れにも今一歩 運が恵まれなかった試合となった。
第3試合
3位決定戦、相手はオール徳持。初回の西村君の内野安打からの山本君の適時打で先制点を挙げた。結果この1点を最後まで守って堂々の3位を決定した。

4月14日 練習試合 対 嶺町小学校

いくぞ スターズ 頑張れ スターズ
好守と殊勲打 山本選手 好投 島田選手 適切打 大川選手

Return to Homepage